【LEE@輸入ビジネス】

ノンリサーチで販売するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

 

LEEです。

 

昨日は下原さんと言う

月収200万円プレーヤー

と一緒に仕事をしていました。

 

最前線の情報が飛び交い

とても有意義な時間を過ごせました。

 

彼は副業時代にすでに200万円を達成していて

今は独立されているのですが、

かなりの実力者です。

 

私と彼は同い年で

物販歴もほぼ同じ

誕生月も同じと言う境遇です。

 

業歴が2年程経過した今

話している内容は

だいたい同じ事を考えています。

 

彼を見ていてすごいなと尊敬できるところは

“人がやっていない事をしている”と言う事

“行動力”がやはりある事

この2点がやはりズバ抜けています。

 

また、卸契約や独自ルートの開拓の

レベルが高い事も言えます。

 

今日のメルマガは少し初心者には

難しいかも知れません。

 

しかし参考になるので是非最後まで

ご覧下さいね。

 

特に中級者以上の人には必見です。

 

「ある程度のレベルになると

リサーチはそこまでは必要ではない」

と言う事です。

 

ここで言うリサーチとは

商品1つ1つの価格差を見る

リサーチと言う意味合いです。

 

例えばAmazonの販売においても

私もそうですが彼も

ほぼノンリサーチで販売しています。

 

何故そういう事が可能かと言うと

商品1つ1つのリサーチではなく

もう少し大きい観点から

リサーチを行っているからです。

 

例えばこのカテゴリーでは〇〇が人気。

〇〇のブランドは国内卸価格が6掛けなので

海外から5掛けで仕入れる事ができれば

必ず勝負に負けない。

だから仕入れて売ろう。

 

このような観点を持っているからです。

 

つまり儲かる商品よりも

儲かるブランドやメーカーを

リサーチしているのです。

 

その方がマーケットももちろん大きく、

得られる利益も大きいのです。

 

例えばルンバの型番〇〇のマーケットが

1億だと仮定しましょう。

ルンバの型番が10種類以上ある場合は

ルンバ自体のマーケットは

10億以上ある事になります。

 

こういう風に儲かる商品だけではなく

儲かるブランドをリサーチする事で

利益や売上げを大きくする事ができます。

 

専業だからできるのでは?

 

と思う人も多いと思いますが、

そんな事はなく、彼は副業時代から

こういったブランドから卸契約を

交わしたり、

独占的に販売したりしています。

 

副業と言えども

社会的には1事業主と言う事になります。

 

いわいる”業者”です。

 

副業でも事業主なので

運送料金を契約したり

卸契約を交わしたり

する事はぜんぜん可能です。

 

ですので専業で実践している人も

もちろんですが、

副業で実践している人も

もっともっと積極的に

アプローチをしてみても

良いと思います。

 

とは言え初心者の場合は

基礎を固めるが一番ですので

基本的なリサーチは行い

経験値を蓄積する必要があります。

 

経験値を蓄積していくと

そのレベルに応じて

発想や観点が出てくるので、

その時に大きく物販が加速するでしょう。

 

上記のような手段もある事を

覚えておいて下さい。

 

儲かる商品を探していると

儲かるブランドが出てくるので

そのブランドを調べ上げてみましょう。

 

儲かる商品よりも儲かるブランドを

リサーチする事で

大きく利益を伸ばす事が可能です。

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*