【LEE@輸入ビジネス】

スタッフの日報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

本日は日曜日ですね。

 

 

世の中は3連休ですね。

 

 

私はと言うと昨日の夜にやっと

 

3連休と言う事に気付きました(笑)

 

 

本当に曜日感覚が無くなります。

 

 

そんな余談は置いといて、

 

本日は「細分化」についてお伝えしようと思います。

 

 

私の会社では毎日スタッフに

 

日報を報告してもらっています。

 

 

フォーマットは以下です。

 

 

・売上げ

・利益

・利益率

・その他コメント

 

 

本当ならもう少し細かく

 

フォーマットを設定した方が良いかも知れませんが

 

私の場合は上記のシンプルなフォーマットで

 

日報を報告をもらっています。

 

 

何故なら会社員時代も日報の提出は

 

義務だったのですが、

 

1日に報告しなければいけない数字が50項目程あり、

 

その数字に基づいて理由や改善点を

 

書かないといけませんでした。

 

 

だいたい日報に30分〜1時間はかけていました。

 

 

余談ですが日報を書き始めるのがだいたい21時から

 

22時に会社を出て23時に帰っていました。

 

 

翌日は20:30から朝礼なので

 

一刻も早く家に帰りたいと思っていました(笑)

 

 

毎日この作業をしていくと

 

非常に細分化されているので

 

明確に改善点や問題点が解るのですが、

 

その反面、上司を納得させるための

 

偽りの報告を上げる日も少なくはながったのです。

 

 

つまり、上司に突っ込まれないための日報であり、

 

本質である問題点や改善点とはかけ離れた

 

内容の報告をしていたと言う事です。

 

 

ですから、私の会社ではシンプルなフォーマットで

 

報告を上げてもらっています。

 

 

おもしろいのが人により、

 

「その他のコメント」には様々な事が記されます。

 

 

自分のミスを報告するスタッフもいれば

 

私が考えている問題点とかけ離れた事を報告するスタッフ

 

非常に問題点や改善点を意識できているスタッフ

 

または問題点が何かも理解していないスタッフ

 

等々、様々な報告が毎日上がってきます。

 

 

本来なら「問題点」「改善点」「改善した時の見込み」

 

ぐらいの報告は必要かも知れません。

 

 

でも、私の場合はそのスタッフが

 

「何を意識しているのか?」

 

「何に重点を置いているのか?」

 

と言う事を知りたいために

 

「その他のコメント」としています。

 

 

本人の発想やアイデアを

 

生かすためでもあります。

 

 

会社の利益だけを考えるなら

 

正直、日報はもっと細かく

 

もっと厳しく提出を求める事が

 

望ましいですが、私の場合はスタッフ共々

 

成長や仕事のやりがいを感じてもらいたいと

 

思っています。

 

 

これは先輩経営者からすると甘いし

 

誤っていると思われるかも知れません。

 

 

様々な日報をもらいますが

 

正直、細分化できているスタッフの方が

 

優秀であり、もちろん数字も伸びています。

 

 

何が言いたいかと言うと

 

ビジネスでは数字が必項であり

 

その数字の分析力が高い人が

 

やはりビジネスでは勝つと言う事です。

 

 

私は数字には自信がありましたが

 

様々な経営者に出会ううちに

 

自分の分析能力の未熟さと悟り、

 

まだまだレベルが低いと

 

感じる事も多いです。

 

 

私が人にこのビジネスを教える時に

 

1つだけ必ず言う事があります。

 

 

それは「日々の仕入利益額」です。

 

仕入利益額が解らない人は

 

こちらの記事をご覧下さい。

 

 

http://leeee.net/kd1/31001

 

 

正しい日々の目標仕入利益額を設定し

 

これさへクリアしていれば

 

週単位、月単位の目標もクリアできます。

 

 

「日々の仕入利益額」を細分化すると

 

仕入額

 

受注率

 

相場の変動の読み

 

キャンセル率

 

商品不良率

 

納期遅延率

 

様々な数字を検討する必要があります。

 

 

日報とまでは言いませんが

 

最低限「週間単位」での分析、

 

問題の細分化はした方が良いでしょう。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*