【LEE@輸入ビジネス】

クレジット仕入れの落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

個人輸入の場合は決済額が小さいので

クレジットカードで仕入れが可能です。

 

そう言う理由もありクレジット仕入れができる事が

長所とされています。

 

しかし、隠された短所もあります。

 

もちろん自己資金を使わずに

ビジネスができてしまうので、

長所の方が多いです。

 

しかし短所は存在します。

 

まずはメリットをまとめてみましょう。

 

・自己資金が無くても仕入れ先への支払いが可能

・第3者が入るので不正利用や詐欺に合いにくい

(クレジット会社、PAYPAL)

・マイルが貯まる

・限度額が増えて行く

 

パッと思いつくのは上記です。

 

一番のメリットはやはり資金力です。

 

クレジットカードの枠を資金と捉えるのかどうかは

疑問が残りますが、とりあえず自己資金を使わずに

仕入れができます。

 

そして支払った後にショッピングプロテクションや

paypalやebayのクレーム制度(買い手保護)があります。

 

そしてマイルも最大100円で1マイル貯まります。

月に200万円の仕入れをする場合は2万マイル、

これは東京〜大阪間をマイルで行けてしまう分です。

 

800万円使えば8万マイル、

これはヨーロッパ〜日本の往復を

ビジネスクラスで行ける分です。

 

そしてカードを使い続けるとカード枠が増え、

仕入額をより大きくする事により、

売上げをより大きくする事も可能になります。

 

こう考えるとクレジット仕入れの

短所はあまり見つからないように思います。

 

それでは逆に短所を見つけてみましょう。

 

・損益がわかりにくい

・カードを解約されるとビジネスができなくなる

・現金と重みが違う

 

1つ1つ説明していきます。

 

・損益がわかりにくい

セグメント(部分)をどこで分けるかにより

計上が難しいです。

 

例えば4月の支払い額が100万円、

4月の売上げが120万、

この場合で計算すると20万円の黒字です。

 

しかし、3月の支払い額が100万円

4月の売上げが90万円、

この場合で計算すると-10万円の赤字です。

 

セグメントにより

収益計算が変化します。

 

いつ仕入れていつ売り上げたか?

が把握できなくなります。

 

仕入れ日とその仕入額の支払いが

クレジットカードによって

20日後とか1ヶ月後とか2ヶ月後とか、

ライムラグがあります。

 

ですので売上げた商品と仕入れた商品が

一致するのに手間が大きくかかりますし、

何よりも解りにくいです。

 

私の会社では会計上、

4月の支払い、4月の売上げで

収益計算をしています。

 

ですので、売上げが前後すると

もちろん仕入額も変動しますので、

ありえない黒字や、ありえない赤字と言う

数字が計上される月もあるのです。。。

 

どう言う事かと言うと

2ヶ月前の売上げが2000万円、

2ヶ月前の仕入れを1500万行ったと過程して

(この時点では500万円の黒字)

今月の売上げが1000万円だったとします。

 

2ヶ月前の仕入れ1500万円の支払いが今月だったとします。

 

しかし、現金の回収できるのが1000万円、

支払いは2ヶ月前に仕入れた1500万円ですので、

500万円の赤字と言う事にもなりうるわけです。

 

これがクレジットでは無く、

現金だったとしたら現金のある分のみ

仕入れが行えるので、

非常に計算はわかりやすいですね。

 

・カードを解約されるとビジネスができなくなる

 

これもあり得ます。

例えば仕入れを行っているとクレジット会社に

言ってしまったり、

支払いが滞ったり、

クレジットカード会社の規約違反を行えば、

カードが使えなくなる事もあり得ます。

 

・現金と重みが違う

 

現金で100万円仕入れる事と

クレジットで100万円仕入れる事では

重みが違います。

 

例えば現金の100万円でしたら色々考え抜いて

仕入れの可否を決定すると思うのですが、

慣れてくるとクレジット100万円の決済などは

何の怖さも、意識も持たないようになります。

 

これは少し危険です。

 

「まぁいいや、とりあえず仕入れよう」

このようになるわけです。

 

そうなると仕入れ判断を誤ったり、

不良在庫を仕入れてしまったりする事も

増えるでしょう。

 

何が言いたいかと言うと

「稼いでもキャッシュは貯めておこう」

と言う事です。

 

クレジット仕入れの短所の解決策は

現金の自己資金を用意しておく事で

全て解消できます。

 

ですので、稼いだお金は

仕入れに投じたり、

資金を貯めておく事をおすすめします。

 

一番のベストはビジネスに投資する事ですが、

投資の仕方が解らなかったりする場合は、

必ず資金は貯めておくようにしましょう。

 

稼いだお金を全て使っていては

あまり良くは無いですね。

 

そもそも自分の稼いでいる金額を

自分自身で把握できていない人の方が多いと思います。

 

私も税理士を顧問に付けるまでの収入の計算と

(自分で計算)

顧問してもらった後の計算だと

差異がありました。

 

確か年収の50万円〜100万円程差異があったと記憶しています。

 

税金や何らかの手数料や思わぬ出費等で

自分が思っているより稼ぎは少ないはずです。

 

ですので、稼いだお金はクレジット仕入れの短所を

補えるように準備しておきましょう。

 

そうする事によって、

いざ、ビジネスに投資したい時に投資する事ができます。

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*