【LEE@輸入ビジネス】

クレジットカードに対しての質問への回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

最近質問が多かったクレジットカードについて

今日はシェアしたいと思います。

私はAMEX、VISA、Master、Dinersの

クレジットカードを所持しています。

合計枚数は十数枚になります。

ですので審査やトラブルなど

今まで色々経験してきましたので

その経験の範囲内でお伝えしていきます。

「クレジットカードは退職後作れるのか?」

これはケースバイケースですが、

基本的に無職の状態でカードは

作れないと思っておいた方が良いでしょう。

私は退職後に全てのカードを作ってきた事は、

何度かお伝えしていますので、

ご存知の方も多いと思います。

しかし、それには少しだけカラクリがあります。

私の場合は実は会社に通いながら

副業で18歳の頃から土日も働いておりました。

ですので、会社は退職したものの

無職ではありませんでした。

そして、ある程度のカードを作ってから

全ての収入を断ち切って起業するために

サブの会社も辞めました。

ですので、そのサブで働いていた情報を元に

審査を投げ、カードを作ってきました。

不確定要素が多いですが、

無職の状態でカードを作れた人も知っています。

どういう仕組みかは解りませんが、

在籍確認の電話が入らなかったりする事もあるそうです。

ですので、会社を辞めてから無職の

状態でのカードの取得は難しいでしょう。

また、個人事業主の状態でカードを作る事や

法人カードは以外にも審査が通りにくいです。

独立している人は不安定

起業している人は不安定

会社員の方が安定している

会社員の方が料金回収をできる

このように審査機関は判断しています。

ですので、会社員を辞められる前に

必ずクレジットカードを作ってしまいましょう。

年会費がかかる事を懸念されると思いますが、

例えばAMEXであれば最も年会費が安い

グリーンカードを作っておくと

後々ゴールドにアップゲレードできたりします。

AMEXであれば本メルマガの下の方で紹介キャンペーンを

やってますので、もし今作りたい方は

申し込んで下さいね。(無料)

「カードの限度額はゴールドカードの方が高いのか?」

そんな事はありません。

カードによってはゴールドカードより

通常カードの方が限度額が高いカードがたくさんあります。

AMEXは最初は各自限度額が設定されますが

だいたい20万円〜40万円です。

そこから限度額を増額審査をして

限度額が上がって行きます。

楽天銀行は年会費が無料ですが、

上限は100万円です。

初回は確か20万円程だったと思います。

プレミアムカードにすると

300万円です。

プレミアムカードは上限が300万円もありながら

年会費はその他ゴールドカードより圧倒的に安いです。

限度額は色々ありますが、

うまくカード会社と付き合って行く事で

限度額は上がっていきます。

あたり前ですが、

支払いをちゃんとするとか

遅れる時には連絡をするとか。

限度額に関してはググると公開しているカードに関しては

出てきますので、検索してみましょう。

「将来的に個人名義のまま仕入れで使い続けて大丈夫か?」

これに関しては少し複雑です。

個人名義のままで商用で使用している事が

解った場合はカードの停止や退会させられる事があります。

また、名義は基本的には申し込み時の

名前から変更ができません。

例えば個人事業主から法人になった場合、

個人名義で作ったカードで法人の仕入れを

行わなければならなくなります。

経理上、個人名義のままですと

問題あったりします。

法人ができたばかりですと、

法人名義でのカードの作成は

結構断られる事が多いです。

つまり、新たに法人カードを作って

再度クレジットカード会社からの

信頼を得るために、そのカードを1から再度使い続け、

上限を上げて行かなければ行けません。

もちろん個人のカードと同様

新しく作ったカードの限度額は

最初は30万円とかになり、

少ない額から1からカードを育てて行かなければいけません。

しかし、1つだけ対応する方法があります。

それは個人の時にビジネスカード作っておく事です。

ビジネスカードですと

ビジネスで使うカードですので、

仕入れで使っている事をどうどうと公表できますし、

また何よりも大きい事は口座名義は個人ですが、

振替口座を法人名義で登録できるクレジットカードなどが

ある事です。(経理上楽です)

注意ですが、全てのビジネスカードがそうではありません。

会社によっては申し込み時の情報から変更

できない事もあります。

ですので最初から長期的な事も考えて

ビジネスカードを作っておいても良いでしょう。

ビジネスカードに関しても

AMEXであれば現在私が紹介していますので、

宜しければ編集後記より少し下の

リンクよりご入力して下さい。

他に解らない事があれば一度グーグルで調べた上

以下のメールへご質問下して下さい。

答えれる範囲で全てに回答します。

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*