【LEE@輸入ビジネス】

インプットする情報と実践できる情報は違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

何かのビジネスを始める時は情報を知り、

 

その情報を応用して行う場合が多いと私は思います。

 

例えば私が起業を始めたのは船原さんの本を読み

 

情報を得て自分なりに限定商品などに置き換えて

 

今に至っています。

 

人はインプットした情報よりビジネスを展開させています。

 

一言で情報と言えども2通りあります。

 

1つ目はすぐに実践できる情報

 

2つ目は後に実践できる情報

 

こういったメルマガやセミナーでの情報は

 

1つ目のすぐに実践できる情報が多いです。

 

2つ目の後に実勢できる情報は

 

外部からインプットしたものの

 

そのレベルに達していなかったり

 

環境が整っていなかったり

 

資金がなかったりで

 

今すぐには実践できない事が多いです。

 

自分よりビジネススキルが高い人から

 

インプットされる情報は2つ目に相当する事が多くあります。

 

私もやりたい事はたくさんありますが

 

資金が足りなかったり、

 

戦略不足だったり、

 

知識がなかったり、

 

などの理由でできないビジネスもたくさんあります。

 

例えば「ヤフオクの儲かるリサーチ方法」を

 

教えてもらったとしましょう。

 

その方法は今すぐ実践して儲ける事のできる人もいれば

 

高度すぎて実践しない人もいます。

 

高度すぎると感じる場合は

 

後に実践できる情報なのです。

 

何れスキルや条件が整った時に

 

実践できる情報に変わります。

 

輸入ビジネスで例えると

 

今まで資金が無かったが資金が整った場合に、

 

今まで扱えなかった高額商品を扱えたり

 

在庫を長期間寝かせて高利益率で販売できたり、

 

大胆に在庫を抱えたりする事ができます。

 

私も会いたい人にはすぐに会いに行っていますが、

 

すぐに実践できる情報もあれば、

 

後々に実践できる情報もあります。

 

1つに絞る事も大切ですが

 

自分の軸がブレない自信があるのであれば

 

後々に実践できるノウハウや情報を得るため

 

たくさん人に会っておく事をおすすめします。

 

今すぐ実践できないノウハウでも

 

後から実践できるノウハウを

 

たくさん持っていると

 

ビジネスでも選択肢が広がります。

 

何が言いたいかと言うと

 

輸入ビジネス内だけの情報だけでは無く

 

他の業種のビジネスモデルや、

 

キャッシュフローなどを勉強しておくと良いです。

 

輸入ビジネスと言う枠組みですが

 

輸入ビジネスもたくさんビジネスがある中の

 

1つのビジネスでしかありません。

 

常にビジネスに対するアンテナを貼る事が大切です。

 

もちろん輸入ビジネスのスキルが上がると

 

ビジネスのスキル自体も上がりますので

 

輸入ビジネスにのめり込む事も大切です。

 

ただし、輸入ビジネスで大きく稼いでいる人は

 

輸入ビジネス以外の業種の情報を

 

多く知っている人が多いです。

 

ですのでインプットできる分は

 

できるだけ多くインプットしましょう。

 

そして実践できる事に関しては必ず全て

 

実践しましょう。

 

実践できる情報を持っているのに

 

忘れていたり、実践していないのが、

 

一番もったいないですね。

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*