【LEE@輸入ビジネス】

アカウント停止されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

こちらのセミナーですが約半分の席が埋まりました。

 

 

 

https://www.viral-manager.com/aff/111529/1435/

 

現在、セミナーに関してたくさんの質問を頂いています。

 

質問がある方は遠慮無くこちらにメール下さい。

 

 

24時間以内に回答しています。

 

連絡先:lee.chongbong@gmail.com

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

今日は読者さんから良い質問をもらったので

 

メルマガにて共有したいと思います。

 

 

「無在庫販売でアカウントが停止になる

 

リスクはありませんか?」

 

 

こういった質問を受けました。

 

 

正直に言います。

 

 

 

「そのリスクはあります。」

 

 

 

通常のやり方を行えば

 

在庫販売しているアカウントより

 

無在庫販売しているアカウントは

 

アカウント停止になるリスクは高いです。

 

 

ただし、これは正しいやり方を

 

実践できていない場合です。

 

 

こんな事を言うと不安に感じる方もたくさん

 

いると思いますが、

 

情報発信者として嘘はつきたくないので

 

正直にお伝えしました。

 

 

かなり昔の話ですが、

 

私は恥ずかしい話ですが

 

一度アカウントが停止した事があります。

 

 

しかし、停止と同時に

 

「アカウントが停止になる理由」

 

も知る事ができました。

 

 

昨日もお伝えした通り、

 

今回のセミナーで提供する内容は

 

模範となる情報も無く、

 

私が1から全て調べ上げ、

 

現状の「正しい方法」にたどり着きました。

 

 

 

今回はズバリ、アカウントが停止になった理由を

 

お伝えしましょう。

 

 

顧客満足指数のキャンセル率、出荷遅延率が

 

Amazonが定める目標を下回ったからです。

 

 

何故出荷遅延率が目標値を下回ったかと言うと

 

仕入先のセラーが納期を守らなかったり

 

輸送トラブルが起き、

 

出荷遅延率が高くなる事があったためです。

 

 

何故キャンセル率が目標値を下回ったかと言うと

 

無在庫販売ですので

 

売れた商品の在庫が仕入れ先に無い場合があり

 

キャンセル率が高くなる事があったためです。

 

 

そこで「改善策」を重ねて重ねて考え、

 

今の「正しい販売方法」を作る事ができました。

 

 

ネガティブ面ばかりを言っていますが、

 

事実としてお伝えしておきたかったのです。

 

 

先程も言いましたが、

 

アカウント停止と同時に

 

「アカウントが停止になる理由」

 

も知る事ができました。

 

 

つまり、キャンセル率や出荷遅延率も

 

目標数値を下回らない「正しい方法」があり、

 

それを提供できる準備が整っていると言う事です。

 

 

ですから、

 

無在庫販売しているアカウントと

 

在庫販売しているアカウントは

 

「全く同じ状態」を保つ事が可能と言う事です。

 

 

 

Amazonに関しても色々な情報発信者がおり、

 

ネット上では様々な情報が飛び交っていますが、

 

誤っている情報も多いです。

 

 

例えば2つのアカウントを持っていて

 

「IPアドレス」が同一の場合は違反となる。

 

 

これもどこから出た噂かは解りませんが、

 

かなり浸透していてビックリしましたが、

 

私が直接調べたところ全くのデマだったのです。

 

 

今後も正しい情報をお伝えしていきますね。

 

 

最後にまとめると

 

「無在庫販売でアカウントが停止になる

 

リスク」はもちろんありますが、

 

それは在庫販売をしていても同じ事が言え、

 

また、「正しい方法」で実践する事で

 

在庫販売と全く同じアカウント状態で

 

無在庫販売が可能と言う事です。

 

 

定員になり次第募集は閉め切ります。

 

 

 

 

https://www.viral-manager.com/aff/111529/1435/

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*