【LEE@輸入ビジネス】

843号「「これをやっておくと良い外注さんになりやすい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Global_E_Commerce-320x202

こんにちは。

 

LEEです。

 

このメルマガを読んでいる方の

中でも外注をしている方は

多くなってきていると思います。

 

ちなみに外注に関する質問は

最も多い質問の1つです。

 

 

外注に関しては

以前に何度かメルマガでも

取り上げていますが本日は、

「これをやっておくと良い外注さんになる」

 

という話を

シェアしたいと思います。

 

 

まず最初にお伝えしておきますが

基本的に自分以外で仕事を

手伝ってくれている人は

「他人事」と思っている事を

想定しておいて下さい。

 

事業主以外は基本「他人事」です。

 

 

外注さんも事業主なのですが、

在宅ワークで顔を合わせない事もあって

プロ意識が低い人もやはり一部います。

 

自分の財布のお金と

会社のお金なら

会社のお金なんて

どうでもいいと思っている

傾向が強いです。笑

 

決してこれは文句とかでは無く

しょうがない事で事実です。

 

———————-

会社

報酬をもらう

———————-

と考えています。

 

決算書を見ない限り

会社には結構なお金があると

思っている人がほとんどです。

 

しかし中には

———————-

市場

会社の業績を上げる

報酬をもらう

———————-

なんと無くでも

このように当事者意識を

持っていて自分の仕事以外の

全体像も把握している

外注さんもいます。

 

しかし、そういう外注さんと

出会う方法は難しいです。

 

しかし、仕事の依頼をする際に

以下に注意すれば後者になってくれる

可能性があります。

 

 

 

・作業ベースでは無く全体像も伝えて依頼する

・明確にターゲットやニーズを伝える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体像:事業説明

ターゲット:どんな人が買うのか?

ニーズ:何に悩んでて、または何故その商品を買うのか?

など

 

 

全商品は無理ですが、

ケーススタディーとして

何パターンか説明してあげると

ただの作業では無くて、

ターゲットやニーズまで

考慮してちょっとした

工夫をして登録してくれる

可能性が出てきます。

 

優秀は人は上記の事を

伝え無くても気になって

聞いてきますが稀です。

 

 

以外にここ盲点でして

ビジネスの一部の作業を

外注するとしても、

全体像やターゲット層やニーズは

伝えるようにしましょう。

 

そうすると良い外注さんに

育ってくれる可能性がありますし

意味のない仕事や外注費も減ります。

 

■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*