【LEE@輸入ビジネス】

「転売」の次のステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

私は「転売」と言う言葉は個人的には

 

あまり好みません。

 

 

物販をあまりしていない

 

情報発信者がよく使っている言葉ですが

 

誰でもできそうなイメージがあるからです。

 

 

まぁ事実は難易度はそこまで高くなく

 

個人輸入して販売するだけなので

 

誰でもできると言う事は間違っていません。

 

 

海外サイトと日本サイトの価格差を調べて

 

価格差のある商品を仕入れて販売する事

 

これが「転売」だと思っています。

 

 

しかし、大きく稼いでいる人は

 

転売のステップを超えて

 

貿易であったり、

 

卸業者から仕入れたり、

 

独占販売契約をしたり、

 

OEMをして自社商品を作ったりしています。

 

 

もちろん転売だけでも稼げるのも事実です。

 

 

海外から安く買って、日本で高く売る。

 

 

ただこれだけです。

 

 

しかし、「ただこれだけ」と言う事もあり

 

本当に誰でもできてしまいますね。

 

 

転売だけで100万円稼ぐ事も頑張れば可能かと

 

思います。

 

 

かなり頑張らないといけませんが。

 

 

輸入ビジネスの再骨頂は代理店です。

 

 

転売と代理店と比べた場合

 

大きくかけ離れています。

 

 

ここで言う代理店とはかなり

 

ビックブランドの代理店です。

 

 

転売で稼げている人は

 

より代理店に近い事をどんどんして行く事をおすすめします。

 

 

1つ今すぐできる事を例に上げると

 

「独自ルート」を作る事です。

 

 

もう少し解り易い言葉で言うと

 

「直接取引」です。

 

 

転売の次のステップは間違いなく

 

独自ルートです。

 

 

月収100万円稼いでいる人で

 

独自ルート無しの仕入方法で

 

ビジネスしている人はおそらく

 

いないと思います。

 

 

確実に直接取引やその他の独自ルートを

 

持って販売をしています。

 

 

現在「転売」をしている人

 

つまり海外のサイトから仕入れて

 

日本のサイトで販売している方は

 

次のステップとして必ず独自ルートを

 

作る動きをしていきましょう。

 

 

また独自ルートを持つと

 

非常に効率が良いです。

 

 

その仕入れ業者が持っている他の

 

商品も扱う事ができますし、

 

何よりも再販できる商品を

 

扱う事ができれば

 

仕入れコストも安くなります。

 

また出品する際の手間も大きく省く事ができますね。

 

 

1万円の価格差のある商品を100商品取り扱うのは

 

かなり労力が必要で、ツールを使わないと

 

ほぼ実現不可能です。

 

 

しかし、1万円の価格差のある商品を3商品で33個ずつ

 

売る事ができればそれだけで100万の粗利を

 

出す事ができますね。

 

 

と言う事もあり、

 

転売の次のステップは「独自ルート」「直接取引」

 

これに限ります。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*